わきがには、臭いの種類かある

わきがには、臭いの種類かあるんですよ。

臭いに、敏感な私は、冬でもわきがの人がわかる。

酸っぱい臭い、鉛筆を削った臭い、鼻にツーンと残る臭い。

大きく分けて、3種類位昔から、友達でわきがの子がいると、そのこのためになるはずだから。

と、本人に直接伝えてきている。

そしてみんなで言い合える仲間がいる。

伝えたときの本人は、、なんとも言えない顔をするが、後から感謝されたり、お子さんがわきがの親から相談を受けたりもした。

よく、わきがは、自分では、わからないと言うがそうでもない。

気付いていても、どうしていいかわからない人も多い。

昔は、(今でもあるが)ムーンストーンに似た石みたいなものを擦り付けると,臭いが治まるものがあったり、それから、薬局で、制汗剤の「わきがの予防」「わきがを抑える」といったものや、わきがの人用に薬用の石鹸もある。

最近では、堂々と、「保険が効きます。」という、手術もある。

ただ、何年か経つと再発する人もいるらしい。

ここまでは、知っている人は、いるかと思うが、長年いろんな人や仲間と話している中で分かったことがある。

フェロモンに関する事だが、人によっては、わきがと感じない場合があった。

他の人は、「わきがだ。」と言うが、私は、そう思わないのだ。

逆もあって私は、すごく臭く思った人の事を「なにも匂わない」と言う。

そこで仲間で話が出たときに話した結論は、香水、洗剤などにも人それぞれ好みがあるように、わきがには、さらに強烈に本能で感じ取れるフェロモンでは、ないかとの結論付けが、シックリする気がする。

ただ、大多数が不快に感じる、夏の強烈な臭いのわきがの人は、何かしら対策をとるべきだと思う。

わきがの治し方は簡単です

ワキガの臭いは特に女性に嫌われるもの

ワキガの臭いは特に女性に嫌われるものです、足の臭いものなどは一番下なので、それほど気づきませんが、ワキガは上部なので、男性の方が背が高い可能性があるので女性は丁度臭いを嗅ぎやすい位置であるのが都合が悪い。
一番良い方法は手術して治す方法が確実で完全に取り除くことができて臭わなくなります。
(実は私もワキガ臭いので手術をして治している)手術以外の方法としてはミラドライと言うわきを切らない多汗症わきが治療方法ありますが、これもお勧めですよ、電磁波照射し、汗と臭いのもととなる汗腺を壊して取り去ります。
傷跡を作らずにワキガの臭いを取り去ることが可能です。
ワキガクリームの使用とか、オーデコロンでごまかしたりの方法もありますが、しょせん一時的なものなんであり、汗をかいてしまえば、元も子もなくなるのであり昔の言葉で言うなら「くさい臭いは元からたたなきゃだめ」と言う言葉どおりに、特にわきがの臭いが強い人は専門科に行き手術するか、ミラドライの方法で切らずにワキガの臭いを取り去る電磁波照射方法が良いでしょう。
完全に取り去ってしまえば、通勤電車や、通勤バスまたはその他の場所で女性が臭いを嗅ぎ気分を悪くしてないか(´Д⊂ヽなんて気を使わなくても済むので、私は完全な切開手術かミラドライの電磁波方法をして気分よく生活して行く方法をお勧めします。

ワキガを治す方法ナビ

酷くなるワキガのニオイを抑える手段

酷くなるワキガのニオイを抑える手段について紹介します。
腋臭の匂いがひどくなるのは、湿度や温度が高い梅雨時期から夏だと思います。
汗をかかない人より汗かきの人の方が臭うと思われます。
少しでも臭いを抑えるためには、まず、ワキの毛を処理することです。

ワキの下に汗をかいた時に時間が経つと雑菌がわいて臭いを発するからです。
ワキの毛の処理をして、毎日お風呂に入って石鹸を泡立てて洗って、ワキを清潔にすることが一番大切です。
しかし、それだけでは完璧に臭いを抑えることはできません。
そこで、汗を抑えて、なおかつ臭いを抑えるためには制汗スプレーをします。
それも銀(Ag)がお薦めです。

いろいろ試しましたが、これが一番いいです。
これをすると、一日中臭いがしません。
あと、食べ物で気を付けるのは、肉類を控えることです。
白人、黒人の外国人を見ても分かるように彼らはワキガが多いです。
遺伝的な要素もありますが、肉類中心の生活は体臭をきつくします。
できるだけ野菜中心の生活を送るようにします。

ワキガ対策クリーム